新型コロナウイルス感染症の影響に伴う里帰り分娩の対応について

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う里帰り分娩の対応について
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う里帰り分娩の対応について

当院で里帰り分娩を希望される方は、帰省後10日間以上経過した受診日を予約してください。

※新型コロナワクチンを接種している、していないに関わらず、帰省後10日間経過した日から予約を受け付けます。

遅くとも妊娠30週までには帰省し、10日間自宅待機、発熱・せきなどの症状がないことを確認してから来院してください。(遅くても妊娠32週までの受診が必要です。)

健康観察票に直近2週間分の症状等を記入し、来院時にご持参ください。

自宅待機中に切迫症状や出血など緊急を要する場合は、産婦人科外来にご連絡ください。

なお、分娩時の立ち合いや付き添い・面会はお断りしています。

 

詳しくは、産婦人科外来までお問い合わせください。