セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来

 当院以外の病院を受診している患者さんを対象に診断内容や治療法に関して当院の専門医が意見を提供し、その意見を患者さん自身の治療に際して参考にしていただくことを目的としてセカンドオピニオンを実施しております。

砂川市立病院セカンドピニオン同意書(PDF)
砂川市立病院セカンドピニオン同意書(Word)

砂川市立病院セカンドピニオン申込書(PDF)
砂川市立病院セカンドピニオン申込書(Word)

セカンドオピニオンとは

 患者さんが納得のいく診断や治療法を選択できるように、治療の進行状況、次の段階の治療の選択などについて担当医とは別に違う機関の医師に「第2の意見」を求めることです。
 セカンドオピニオンは担当医や病院を変えることだと思っている方もいますがそうではありません。担当医から説明された治療方針や診断について他の専門医の意見を聞くことで病気に対する理解も深まりより納得して治療に臨むことができます。
 他の医師の意見を聞くので、混乱しないように、まず、担当医の意見を十分に理解した上でセカンドオピニオンに臨むことが大切です。

相談の対象となる方

患者さん、ご家族の方(ご家族の方だけで受診する場合は本人の承諾書が必要となります)
ご家族以外の方は同意書があっても受診できません
全ての診療科、疾病を対象とし、診断・治療に関するものに限ります。
相談については、担当診療科の部長若しくは医長が予め申込書の内容を検討して、受診の可否を決定いたします。内容によってはお断りする場合もありますのでご了承ください。
以下の方は当院でのセカンドオピニオンを受けることができません。

  • 当院で治療中の場合
  • 当院での治療を希望されている場合→「通常の外来受診として受付願います。」
  • 主治医に対する不満、及び医療訴訟を目的とした相談
  • 医療費の内容、医療給付に関わる相談
  • 死亡した患者さんを対象とする場合
  • 治療後の良し悪しの判断を目的とする場合
  • 受診に必要な資料(診療情報提供書・検査データ・レントゲンフィルムなど)の持参が出来ない場合
受診の流れ
  1. 砂川市立病院 がん相談支援センター(0125-54-2131)にご連絡ください。
  2. お電話で概略をうかがった後、以下の書類を送付させていただきます。
  3. 現在治療を受けている病院の主治医に相談し、セカンドオピニオンに必要な「診療情報提供書」「画像資料(CD-Rなど)」検査・病理などのデータの準備をお願いする。
  4. 必要書類に記入し、砂川市立病院へFAXまたは郵送し予約を取る(現在受診中の相談室・地域医療連携室などにお願いする)→予約票を発行します
  5. ご持参いただく場合は「がん相談支援センター」窓口までご持参ください。受診される患者さん宛に文書で予約票を送付します)
  6. 当日の受診に間に合うように資料を送付する(間に合わない場合は当日持参していただきますが待ち時間が発生することをご了承ください)
  7. 当日、がん相談支援センター窓口へ予約の15分前までにお越しください。
  8. 受診後は会計窓口で精算
料金
  • セカンドオピニオン外来は自由診療となります。健康保険は使えませんのでご注意ください。
  • 1人1件30分5,400円(税込み)です。(30分を超える場合はその時間に応じた料金が加算されます)
セカンドオピニオンを上手に活用するコツ
  • あなたの病状を一番良く知っているのは主治医です。今後の方向性も含めて疑問点は先に主治医に聞いてからセカンドオピニオンで何を聞きたいかはっきりさせましょう。
  • セカンドオピニオンの時間は限られています。限られた時間内で有意義な情報を得られるように訊きたいことをメモしてセカンドオピニオンに臨みましょう。
  • セカンドオピニオンは出来るだけひとりではなく信頼できるご家族に同行してもらうとよいでしょう。

second3.jpg