先輩ナースからの一言

4階西病棟

松本 佳央梨

先輩ナースからの一言

 当病棟は主に心不全や心筋梗塞、開心術や人工血管置換術などを受けられる患者さんを対象にケアを行っています。また、医師や看護師をはじめ多職種と連携し、疾患の再発・悪化予防の指導、患者さんやご家族が望まれる生活支援など専門性を生かした退院支援にも力を入れています。チームワークだけではなく、明るく和やかな雰囲気というのも魅力の一つです。
 当院は研修など教育体制も充実しており、自己の看護観を見つめ、のびのびとケアが行える環境が整っています。興味を持たれた方、ぜひ一緒に楽しく働ける日を心待ちにしています。

7階東病棟

佐藤 千加

先輩ナースからの一言

 7階東病棟は呼吸器内科と救急科の混合病棟で様々な疾患の方がいます。終末期の方も多く、自宅退院が困難な患者さんでもスタッフ間で話し合い、多職種と連携して患者さん・ご家族が安心して笑顔で外泊に行けた時にはやりがいを感じます。スタッフは優しく「患者さんにより良いケアを」と患者さん・ご家族に寄り添い、とても暖かい病棟です。
 また、当院は院内混合テクニカルコールが11分野開講されています。私は呼吸・感染の学習を経て、現在は緩和ケアを学んでおり、専門知識を高めてケアへ活かしていく事が出来ます。皆さんも様々な知識を高め、患者さん・ご家族が笑顔になれるケアを一緒に行っていきませんか?

集中治療室(ICU)

平田 規恭

先輩ナースからの一言

 私は1年目から集中治療室(ICU)に配属になり4年目を迎えました。最初は覚えることも多く、状態が変化しやすい超急性期の患者さんを受け持つことに対して不安がありました。しかし、親切なスタッフの方達から疾患の学習や看護、自身の精神的なサポートに至るまで手厚い指導を受け、安心して学ぶことができました。
 また、医師やリハビリなどの多職種連携の介入の機会も多く、重症患者さんが回復して会話や歩いて退院する姿に急性期看護に対してのやりがいを感じています。1年目、中途入職の方でも安心して働ける環境です。

中央手術室

佐藤 弘章

先輩ナースからの一言

 手術室は当院における全診療科の治療に携わる事ができ、より多くの疾病やその治療の知識を深めることができます。手術室看護師といわれると医師が「メス!」というとメスを渡すような印象が強いと思いますが(僕もそうでした)、手術の状況を記録したり、手術前に患者さんと手術についてのお話をさせてもらうなど仕事内容は様々です。医師と同じ目線に立って他職種と連携をとりチームで患者さんの治療に介入できることや、手術に対して不安を抱える患者さんから「そばで手を握ってくれて安心しました」と言っていただけた事など、とてもやりがいを感じます。