看護部概要

  • HOME
  • 看護部概要
看護部長挨拶
私たちは、患者さんのもてる力を引き出す看護を実践します
看護部では、当院をご利用して下さる患者さんお一人おひとりと、その患者さんを取り巻く全ての環境に心を寄り添わせ、その人のもてる力を知り、その力を引き出し、その人がその人らしく幸せに生活して頂けるよう看護を提供しています。

全国に先駆け少子高齢化が進む医療圏にある砂川市立病院は、中空知の地域中核拠点病院として地域救命救急、災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療などあらゆる分野の医療を、急性期から慢性期、在宅に至るまでの医療看護を提供しております。地域住民の皆様が、可能な限り住み慣れたこの地域で、自分らしく安心して暮らしていけるよう看護部一同、院内全体多職種との連携を強化しながら、「砂川市立病院があって良かった」とおもっていただけるよう日々邁進してまいります。

                                     
HPIMG_2047.JPG

看護部長 山崎 君江

 

理念

ひとりひとりに関心を持ち、もてる力を高め、誠実な看護を実施します。
地域に親しまれ、安心できる看護を提供します。simg_00.png

看護目標
  1. もてる力を重視した看護を実践します。
    1. 患者さんやご家族の思いを尊重し、出会いの場面を大切にします
    2. 患者さんとともにめざす方向を共有した看護の実施をします
    3. 患者さんが必要としていることを引き出し、もとの生活過程を整えるように支援します。
       
  2. 安心・安全を目指した看護を継続的に質改善します
     
  3. チーム医療の一員としての役割を果たします
    1. 退院後の健康を支援し、地域と連携した活動をします
    2. 横断的活動を通し、積極的に発言し、役割を果たします
       
  4. 自らの成長・発達を目指し、専門職としての役割を果たします
    1. 自己目標を明らかにし、成長度を高めます
    2. 倫理的な視点から分析し、責任をもった行動します
    3. 専門性を高めるために、知識・技術をみがき、実践力を高めます
       
  5. 教育・研修の充実をはかり、継続的に学習環境を整えます
     
  6. 医療の変化に対応した病院経営に参画します

 

砂川市 紹介PV