病理診断科

診療科紹介

病理診断科
概要

病理診断科では血液検査やX線撮影とは異なり、単に検査をするのではなく、患者さんの病気の性質の診断を行っています。
その「病理診断」とはどのようなものでしょうか?
患者さんが病院に来院されると、適切な治療のために適切な診断が必要になります。「病理診断」は最終診断として大きな役割を果たします。
患者さんの体より採取された病変の組織や細胞から顕微鏡用のガラス標本がつくられます。この標本を顕微鏡で観察して診断するのが病理診断です。そして、この病理診断を専門とする医師が病理医です。ガラス標本は永久的に保存され、しかも世界的にほぼ標準的な方法で作成されているため、どこにでも持参し、セカンドオピニオンを得ることができます。(ただし、診断基準が異なることもあります)

病理診断には以下のようなものがあります。

  • A.細胞診断
  • B.生検組織診断
  • C.手術で摘出された臓器・組織の診断
  • D.手術中の迅速診断
  • E.病理解剖

病理診断は主治医に報告され、治療に生かされます。病院に病理医がいることは、より良質の医療を提供することにつながります。(日本全国に活動している病理医は約1800人)

A.細胞診断

肺がんや膀胱がんでは、痰や尿の中にがん細胞が混じることがあります。痰や尿を顕徹鏡で調べてがん細胞がいるかどうかを判断するのが細胞診断(いわゆる「細胞診」)です。
子宮がん検診では、子宮頸部から細胞をこすりとって調べます。のどや乳房などにしこりがあると、細い針を刺して吸引し、とれた細胞の中にがん細胞がいるかどうかを調べます。
診断は細胞診スクリーナーの資格を得た専門の技師と細胞診学会専門医・病理学会認定医が共同で行っています。

B.生検組織診断

治療方針を決めるために、胃・大腸や肺の内視鏡検査を行った際に病変の一部をつまみ採ったり、皮膚などにできものができたときにその一部をメスなどで切りとったりして、病変の一部の組織を標本にします。この検査を「生検」といい、その診断を生検組織診断とよびます。
診断は病理学会認定医が行っています。

C.手術で摘出された臓器・組織の診断

摘出された臓器・組織は、病理医が肉眼で病変の部位、大きさ、性状、広がりを確認し、診断に必要な部分を必要な数だけ切りとります。
国家資格をもつ臨床検査技師が、この臓器・組織の顕微鏡標本をつくります。病理医が標本を顕徹鏡で観察し、どのような病変がどれくらい進行しているか、手術でとりきれたのか、追加治療が必要かどうか、がんの場合、タチの悪さや転移の有無など、治療方針の決定に役立つ情報を臨床医に提供します。

D.手術中の迅速診断

胃や大腸など内視鏡で到達できる部位、皮膚や乳房など針を刺したり切開を加えたりすることで病変に到達できる部位では、手術前に生検を行って病理診断します。
しかし、病変が体の深い部分にあるために生検が難しい場合、手術前に病理診断ができず、「術中迅速診断」を行います。術中迅速診断では、手術中に採取された病変組織から約12分で病理診断が行われます。診断結果は執刀医に連終され、手術方針が決定されます。
病変がとりきれたかどうかの確認のため、手術によってとりだされた臓器・組織の断端を調べたり、がんの転移が疑われる部分を調べて手術で切除する範囲を決めたりするときにも、術中迅速診断は役立ちます。

E.病理解剖

ご遺族の承諾のもとに、病死された患者さんのご遺体を解剖させていただくのが病理解剖で、剖検ともよばれます。生前の診断は正しかったのか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどれくらいあったのか、死因は何か、といったことを判断します。
事故や犯罪がからむ法医解剖や医学生の教育のために献体していただく系統解剖とは異なるものです。
病理解剖では、外からわかりにくいように切開し、診断に必要な臓器をとりだして、2時間ほどで終了します。ご遺体は解剖後に清拭されてご遺族のもとに戻されます。病理解剖の肉眼所見は、解剖を行った病理医から主治医へと報告され、ご遺族に説明されます。
病理解剖の結果が蓄積されることによって、他の方法では得がたい医学の進歩への貢献が期待されます。病理解剖はある意味で個人がなしうる社会への最後の貢献といえます。また、故人の体の中でどのような病気がどれぐらい進行していたのかを病理解剖によって明らかにし、その苦しみがいかばかりであったかを知ることは、ご遺族にとって意味のあることと考えます。(病理学会パンフレットより借用)