乳腺外科

診療科紹介

乳腺外科
診療案内
外来診察日時

月曜日 午前8:45~11:00(2017年4月から)
火曜日 午後1:30~3:30(2017年3月まで)
水曜日 午後1:30~3:30
木曜日 午前8:15~11:00 午後1:30~3:30

新患は予約制ではありませんので上記の時間に直接ご来院ください。
他院からの紹介の場合は当院地域連携室を通して予約することも可能です。

はじめに

砂川市立病院乳腺外科は北海道大学病院の協力を得て、2016年4月に空知地方で唯一の乳腺専門医・指導医が常勤する診療科として開設されました。乳房の病気、特に乳がんを診療の中心としています。

 乳がんは現在、日本人女性の11~12人に1人が生涯の間に発症するといわれています。一般に乳がんはかかる人が多いものの、生存率が比較的良好ながんです。しかし、その治療は手術・ホルモン療法・抗がん剤治療・分子標的治療・放射線治療・再建手術と多岐におよび、高度に専門化されています。当院では下記に紹介するように、現在日本で行われているすべての乳腺にかかわる検査・治療を行うことができます。

 乳腺に心配な症状のある方、他院や検診施設で精密検査が必要と言われた方、安心して当科を受診していただければ幸いです。

 ご家族の都合などで、他院での治療を希望する方につきましても病院紹介を含めてご相談させていただきます。また、他院で治療中の患者様のセカンドオピニオンにつきましても対応いたします。

乳がんについて

現在、日本人女性の11~12人に1人が生涯の間に乳がんになると言われています。乳がんは増加の一途をたどっており、年間9万人程度の新たな乳がん患者さんが見つかっています。

乳がんは進行が比較的緩やかで、乳房内でがん細胞が発生してからしこりとして見つかるまでに数年から10数年程度はかかると言われています。そのため、乳がんの疑いと言われたり、乳がんと診断されても焦る必要はありません。しっかりとした病院で、きちんと検査・診断を受けて、正しい治療を行うことが非常に重要です。当院ではチーム医療を行い、正しい診断と標準治療(最先端の最もよいと思われる治療)を行っています。

乳房の病気は乳がんだけではありません。しこりであっても、良性のしこりも何種類もあります。当院では下記の検査を用いて乳房の検査、乳がんかどうかの診断を行っています。

乳がんの診断
マンモグラフィ

乳房のレントゲン検査です。乳房を圧迫し撮影するため、撮影時に多少の痛みを伴います。しかし、マンモグラフィは乳がんの発見に非常に有用であるため、全員に行う検査です。マンモグラフィに用いる放射線量はごくわずかで、被ばくによる健康への影響はありません。当院では2016年9月に北海道に数台しかないトモシンセシス撮影(3Dマンモグラフィ)が行える最新鋭の機種に更新し、さらに正確な診断ができるようになっております。

エコー(超音波)検査

乳房にゼリーを塗り行う検査で痛みはありません。乳房にしこりがあるかどうかを見ることができます。また、しこりがどの程度の大きさか、どのような性質があるかを見ることができます。当院では通常のエコーより数倍解像度の高い乳腺専用エコープローブを用いて検査しています。

乳房MRI

乳がんが疑わしい場合や乳がんと診断された場合に行う検査です。疑わしい場合は乳がんの可能性が高いかどうかを判定するのに利用します。乳がんと診断されたのちに行う場合は乳がんが乳房の中でどれほどの広がりを持っているか、反対側の乳房に別の病気がないかを判定します。乳がん手術の前には必ず行うべき検査の一つです。当院では北海道に数施設しかない「乳房用3テスラMRI」を用いてうつぶせで検査します。

マンモトーム生検(乳房針生検)

上記の画像検査で乳がんを疑うしこりなどがある場合にこの検査を行います。当院では最新の生検機械を導入しています。通常はエコーを見ながら、局所麻酔を行い4mm程度の穴から針を刺してしこりの一部を取ります。一針縫いますが、傷跡は小さくあまり目立ちません。取り出した組織は病理検査(顕微鏡検査)を行い、乳がんかどうか、乳がんであればどのような乳がんであるかを判定してその後の治療に生かします。また、しこりにならないタイプの乳房の病気(乳房の石灰化など)に対してマンモグラフィをしながらマンモトームを行う検査も可能です。

乳がんの治療
手術

乳がんと診断された場合、多くの場合で手術が必要となります。乳房を切除する(全摘)方法と乳房の一部を切除する(部分切除)方法があります。乳がんの状態や患者様の状態などで治療方法は変わります。おのおのメリットとデメリットがありますので、しっかりと相談して決めていきます。また、当院では乳房切除(全摘)が必要な方や以前に乳房切除が行われ乳房再建(乳房をつくりなおす)を希望する方に、形成外科と協力して保険適応で乳房再建を行うことができますので当科に御相談ください。(オンコプラスティックサージェリー学会による認定施設)

ホルモン療法

乳がんの多くは手術だけでは再発する率がある程度高いと言われています。これは手術を行った時点で、目に見えないがん細胞が血流やリンパの流れで全身に飛んでいっている可能性があるからです。ですので、乳がんの治療は手術だけではなくかなり多くの方にお薬の治療を必要とします。ホルモン療法は女性ホルモンの影響を受けるタイプの乳がんの方(乳がんの8割程度)に用います。内服もしくは注射で、5年から10年程度行っています。

化学療法

乳がんのタイプ、乳がんの進行度によって化学療法(抗がん剤)を使用することもあります。通常は点滴を定期的に行います。化学療法には副作用を伴いますが、現在では化学療法に伴う多くの副作用をいろいろな薬を併用することで抑えることができます。治療のほとんどは外来通院で行い、仕事をしながらの化学療法も十分可能です。また、乳がんのタイプによっては手術前に化学療法を行うことも多くあります。当院では外来に専門スタッフをもつ化学療法室が整備され、快適な環境で安全に化学療法を行うことができます。

分子標的療法

乳がんのタイプによって必要となる治療です。通常は3週間に1回の点滴を1年間行います。副作用はほとんどありません。点滴の回数が多いため、患者様の状況や必要に応じて点滴をスムーズに行うためのポートを皮膚に埋め込むこともできます。

放射線治療

主に乳房を一部切除(部分切除)した場合に行います。部分切除の場合、残った乳房にまた乳がんが発生する場合があります。放射線療法を行うとその確率がかなり低下します。当院では放射線治療専門医が常勤していますので、乳腺外科医と連携し治療しています。

その他の診療
乳がん組織の遺伝子検査(oncotypeDX:オンコタイプDX)

上記の治療において、化学療法(抗がん剤治療)を行うべきかどうか判断に迷うケースもあります。その場合、摘出した乳がん組織をさらに詳しく検査する(乳がんの遺伝子検査)ことで再発の可能性や抗がん剤を使用すべきかどうか判定することができます。

保険外診療となり40万円程度の費用がかかりますが当院でも行うことができます。乳がんのタイプや進行度によって適応が決まっていますので、全員が行える検査ではありません。

遺伝性乳がん検査

最近、米国女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝性乳がん(正式には遺伝性乳がん卵巣がん症候群)であり、予防的に乳房切除を行ったことを告白しました。以降、日本でも遺伝性乳がんが注目されています。当院でも遺伝性乳がんの検査(遺伝子検査)が行えます。遺伝子検査を希望する方には遺伝カウンセリングを行い、検査の内容や検査をすることのメリット、デメリットなどをしっかりと相談いたします。検査は少量の採血のみですが、保険外診療となりますので30万円程度の検査費用がかかります。

乳がんで大切な命を落とさないために

乳がんは現在のところ、予防することはできません。乳がんで命を落とさないために大切なことは早期発見と適切な治療です。

早期発見のために大切なことは定期的なマンモグラフィ検診と自己検診です。マンモグラフィ検診は少なくとも2年に1回は行いましょう。当院では通常のマンモグラフィよりも高精度な3Dマンモグラフィによる検診もオプションで行っておりますので、当院健診センターや砂川市ふれあいセンターにお問い合わせください。自己検診も重要です。入浴時に乳房はタオルなどではなく素手にボディーソープを付けて滑らせるように洗いましょう。つるつると乳房をなでて中にしこりがないかチェックしてください。何か感じたら、当科を受診してください。

乳がんに対する適切な治療というのは言うのは簡単ですが、実際に行えている施設はあまり多くはありません。乳がんに精通している専門の医師はもちろんのこと、一緒に診療する形成外科、放射線治療科、病理診断科などの医師、院内各部署の看護師、技師、ソーシャルワーカー、臨床心理士などのスタッフがそろい、各種の検査、手術、治療ができる設備が整っていなければなりません。砂川市立病院乳腺外科は北海道でも数少ない上記のすべてが揃っている診療科です。何かありましたら安心して受診していただければ幸いです。

 

担当医の紹介

担当医 細田充主(ほそだみつちか)
経歴等は当院医師紹介ページをご覧ください。

 

診療案内 外来診察日時

月曜日 午前8:45~11:00(2017年4月から)
火曜日 午後1:30~3:30(2017年3月まで)
水曜日 午後1:30~3:30
木曜日 午前8:15~11:00 午後1:30~3:30

新患は予約制ではありませんので上記の時間に直接ご来院ください。
他院からの紹介の場合は当院地域連携室を通して予約することも可能です。