歯科口腔外科

診療科紹介

歯科口腔外科
概要

 当科は平成25年8月より『口腔ケアセンター』として開設し、主に手術や化学療法を受けられる患者さんを対象とした口腔ケア、入院患者さんの歯科治療を行っていました。平成29年9月より、これまでの歯科治療に加え、口腔外科疾患についても治療が行える体制となりました。

当科での主な診療内容
口腔ケア

 口腔内には多数の口腔内常在菌があります。口腔内常在菌は虫歯や歯周病の原因となりますが、健常な方は全身的な影響は少ないと言われております。しかし、全身麻酔の挿管時や脳梗塞などにより嚥下機能が低下している方は誤嚥性肺炎を発症してしまう場合があります。そのため、適切な口腔ケアを行うことにより、誤嚥性肺炎のリスクが軽減すると言われております。
 また、がん治療の一環である化学療法や頭頚部領域への放射線治療に伴い、口内炎や口腔乾燥、味覚異常が出現することがありますが、そのような症状に対する緩和目的のためにも口腔ケアを行っております。皆様の治療をサポートできるように努めたいと思います。

薬剤関連性顎骨壊死

 骨粗鬆症や悪性腫瘍の治療のため、骨吸収抑制薬を使用することがあります。このような薬剤を使用されている場合、発症頻度はそれほど高くありませんが、抜歯などの歯科治療を契機に顎骨壊死が発症することがあります。また、虫歯や歯周病を長期間放置することでも顎骨壊死が発症すると言われております。
 顎骨壊死が発症してしまうと、顎の痛みや腫れ、排膿などの症状が出現し、進行すると顎骨骨折をきたす場合があります。顎骨壊死の治療は非常に難治性である事が多く、長期間の投薬治療や手術が必要となることがあります。顎骨壊死が発症しないように、定期的に歯科治療を受けることが最も重要です。

埋伏智歯(親知らず)の抜歯

 親知らずは必ず抜歯しなければならないわけではありません。しかし、親知らずが原因で腫れや痛みが生じた場合や親知らずの隣の歯が虫歯になってしまった場合は、抜歯の適応となります。抜歯を行う場合は歯肉を切開し、顎骨の一部を削って抜歯します。抜歯本数や埋伏している位置によりますが、親知らずの抜歯は、局所麻酔や静脈内鎮静法、全身麻酔などから適切な方法を選択し行います。

歯の移植術

 虫歯や歯周病により歯牙を失ってしまった場合、通常、入れ歯やブリッジ(差し歯)などの治療を行いますが、条件が合えば親知らずなどの歯牙を利用し、歯の移植を行うことができます。歯の移植は保険適用が認められておりますが、移植を行うには、歯槽骨の形態や移植する歯の形態など一定の条件が整っていないと行えませんので、担当医にご相談ください。

顎関節症

 顎関節症はあごの関節(顎関節)やその周辺の組織に何らかの異常があり、主に「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などの症状で慢性的な疾患です。治療には薬物療法や理学療法、マウスピースを作製することがあります。

顎骨嚢胞や腫瘍

 顎骨内に発生する嚢胞や良性腫瘍は、基本的に放置しても治癒することはありません。その治療法は病巣の性質にもよりますが、多くの場合は摘出術、開窓術(嚢胞の一部を切開し、窓開けを行うこと)を行い、さらに必要に応じて反復的な処置が行われます。
 年齢、病巣の部位、大きさ、隣接器官との関連などを十分考慮し、できるだけ顎骨を保存し、口腔の形態的・機能的障害を少なくなるように治療法を選択します。

外傷

 顎骨の骨折や軟組織の裂傷の治療を行います。手術により骨折部位をプレートで固定したり、歯牙を固定することにより、顎骨の形態や機能の回復を目指します。また、骨折により抜歯や根管治療(歯の神経を抜く治療)が必要となる場合があります。

歯性炎症

 虫歯や歯周炎、親知らず周囲の炎症が顔面や頸部にまで及んでしまった場合の治療を行います。重症炎症で食事がとれない場合などは入院下での治療が必要となる場合があります。

 

 ご健康な方の一般的な歯科治療(虫歯・歯周病・義歯など)については、かかりつけの歯科医院に紹介させていただくことになりますので、御了承ください。

手術実績
  H30 R1     H30 R1
抜歯手術 324 486   外歯瘻手術 5 2
歯根嚢胞摘出術 6 25   唾石摘出術 1 1
歯根端切除手術 11 18   歯槽骨骨折非観血的整復術 1 0
歯の再植術 0 2   歯槽骨骨折観血的整復術 1 0
歯の移植手術 3 4   下顎骨折観血的手術 1 2
骨瘤除去手術 0 5   下顎関節突起骨折観血的手術 1 1
歯肉・歯槽部腫瘍手術 1 1   口腔内軟組織異物除去術 0 1
口腔内消炎手術 5 1   顎骨内異物除去術 0 1
口腔外消炎手術 0 1   顎関節授動術 0 1
頬、口唇、舌小帯形成術 0 2   歯科インプラント摘出術 1 2
口唇腫瘍摘出術 1 1   う蝕処置 0 1
術後性上顎嚢胞摘出術 0 1   感染根管治療 0 1
下顎骨部分切除 0 1   口蓋腫瘍摘出術 0 1
顎骨腫瘍摘出術 16 20   舌部分切除 0 1
顎骨嚢胞開窓術 0 1   頬粘膜腫瘍切除術 0 2
口蓋隆起形成術 2 1   手術中止 1 0
下顎隆起形成術 3 6   389 604
腐骨除去手術 5 11   手術患者数 144 203