整形外科

診療科紹介

整形外科
概要

 当科は、空知地方の基幹病院として整形外科常勤医5人と非常勤医3人で診療に当たっており、これまで年間平均900件余りの手術を行っております。整形外科が担当する範囲は脊椎・四肢関節(肩・肘・手・股・足など)と幅広く、外傷から加齢変化に伴う変性疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、腫瘍、スポーツ障害など非常に広い分野にわたり、お子さんからお年寄りまで全年代の方が対象となります。当院では救急救命センターが設けられているため、手術が必要である重傷の症例も多く搬送されますが、各科と連携し受傷から手術までの期間が可能な限り短くなるよう努めております。また加齢変化に伴う変性疾患のような、その他手術が必要な症例に対しても最新の治療を積極的に取り入れ、患者さんの負担が少しでも少なくなるような最小侵襲手術(MIS)を心がけています。

最小侵襲手術(minimallyinvasivesurgery:MIS)について

 最近整形外科の治療に用いられている方法で、従来と比較して皮膚の切開や筋肉、骨周囲組織への侵襲が少ないため、術後の疼痛を軽減させたり、機能回復を早めたりすることが期待できます。当院では以下の通りMISを積極的に行っています。

低侵襲人工膝・股関節手術

 症状の進んだ関節症(軟骨や骨がすり減った結果、関節が変形し、痛みや歩行障害が現れる)に対しては、痛んでいる関節を金属で置き換える人工関節手術が行われます。当科では人工関節手術に対しても低侵襲手術を採用しており、従来の半分程度の傷で手術が行えるようになっています。傷が小さく、筋肉に対する侵襲も少ないため手術後の痛みが少なく、早期からリハビリテーションが可能で機能回復も早い傾向にあります。

低侵襲肩関節手術

 肩の筋(すじ)が切れている腱板(けんばん)損傷に対しては、従来皮膚を切開して筋肉を分けて腱板に到達して縫合する手段を取っていましたが、当科では関節鏡(関節の内視鏡)を使用して縫合術を行っています(ARCR:関節鏡視下腱板修復術)。1cm程度の手術創が数ヵ所で筋肉も裂かない為、従来よりリハビリテーションが早くなり、患者さんの負担は随分と軽減されています。

低侵襲脊椎手術

 腰痛や下肢の痺れの原因となる脊柱管狭窄症の手術では、従来は皮膚・筋肉などを大きく切開していましたが、当科では小さな傷で済む手術を行っています(棘突起縦割式椎弓切除術)。また、手足のしびれ、歩行障害などの原因となる頚椎症性脊髄症に対しては、従来頚椎を上から下まで大きく開ける手術が行われていましたが、当科では小さな切開で障害部位だけを手術する方法をとっています(skip laminoplasty:選択的椎弓形成術)。これにより早期退院・社会復帰が可能となっています。

低侵襲骨折手術

 骨折の手術ではプレート(金属の板)などで骨折部を固定します。従来は骨折部を中心に大きく切開していましたが、当科では小切開によりプレートを挿入する最小侵襲プレート骨接合術(minimally invasive plate osteosynthesis;MIPO)を症例に応じて行っています。この方法は傷が小さく、さらに骨折部の治りが早いという利点があります。ただし、骨折の状態によってはMIPOが行えない場合があります。

関節リウマチの新しい治療

 以前のリウマチ治療は、薬で炎症や痛みを抑えたりするのが中心でした。しかし、現在ではリウマチ治療の中心薬として使用される薬のほか、生物学的製剤という分類の治療薬が登場し、炎症や痛みを抑えるだけでなく、病気の進行を食い止め、さらに治癒までももたらすことができるようになりました。
 当科ではこうした薬を使った治療(薬物療法)を中心にリハビリテーション、手術などを必要に応じて取り入れて総合的に治療を行っております。
 高度に破壊された関節には、その働きを戻すべく人工関節置換術を行っております。現在では人工関節の耐用年数も伸びております。また、医療技術の進歩により、かつてはあまり行われなかった高齢の患者さんでも積極的にこの手術を行っております。
 膝、肘、股関節などの痛みでお困りの患者さんはご相談ください。

おわりに

 骨折や怪我、運動器を悪くしてしまうと普通の生活が困難になり、場合によっては長期の入院、休業等を強いられてしまいます。今一度転倒や怪我、普段の症状に注意していただき、お困りの場合は早期に医療機関を受診し、適切な治療を受ける様よろしくお願いします。整形外科の疾患は、発生してから治療するまでの時間が短ければ短い程、その後の経過が良くなります。その他お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。