産婦人科

診療科紹介

産婦人科
概要

平成16年10月から中空知の産婦人科医療機関が集約化され、当院産婦人科は中空知の産婦人科センター病院として診療にあたっています。
現在、センター病院の機能として滝川市立病院、市立美唄病院の産婦人科外来で外来診療を行っています。
例えば、妊婦健診は地元の滝川市、美唄市で受診して、分娩はセンター病院の当院産婦人科で行ったり、婦人科の病気の診断や検査は地元で受けて、手術は当院で受けるなどの連携を取りながら診療を行っています。

下記の曜日に当院産婦人科医師が出張し産婦人科診察を行っています。
  • 滝川市立病院:月、水、金の午前
  • 市立美唄病院:火、木の午前
【産科】

産科は中空知地区の地域周産期センターに指定されており、2016年からは日本周産期・新生児学会の周産期専門医研修指定施設の認定も受けております。また、北海道大学産婦人科の関連施設であり、サテライト病院への医師の派遣や専攻医、研修医、看護学生や助産師学生の受け入れなどを行っております。
病棟は3階病棟(西側:産科病棟)で、病床数はLDR1床を含む全18床です。スタッフは常勤医師5名(うち産婦人科専門医4名)、助産師20名、看護師7名です。(2019年4月末現在)

過去5年間の分娩件数は以下の通りです。

 2013年:501件  2014年:532件  2015年:488件  2016年:485件  2017年:517件  2018年:560件

分娩数の制限は行っておらず、里帰り出産等の紹介受診も随時受け入れております。
(紹介受診の場合、原則として妊娠32週までの初診をお願いいたします)
※現在、無痛分娩については行っておりません。

助産師外来

母子ともに異常のない正常妊娠と医師が判断した24週以上の妊婦さんを対象に、3階病棟(西側:産科病棟)で助産師が妊婦健診を行います。
助産師外来は、医師の通常の妊婦健診と交互に実施しています。完全予約制で月曜から金曜の午前10時から午前12時に1日2名までお受けいたします。予約は随時受け付けておりますので、産婦人科外来スタッフにお申し出ください。

母乳外来

授乳期の乳腺トラブルや断乳等のご相談に対応いたします。
予約制で月曜から金曜の午前9時から午後3時まで行っています。予約は3階病棟(西側:産科病棟)までお電話下さい。
緊急の際は救急外来を受診していただき、可能な限り対応しております。

マザークラス

妊娠中は病棟でマザークラスを行っております。
月2回、前期と後期に分けて第2・第4火曜日に実施しております。参加を希望される方は産婦人科外来で予約を受け付けております。

両親学級

2019.7月から開始。(予定)
赤ちゃんを迎える準備を家族で話し合いませんか?
平日参加が難しいお父さんと一緒に、妊娠・出産・育児のお話を聞いて、沐浴を体験してみましょう。
毎月1回(第1日曜日)
午前の部 10:00~11:30 4組
午後の部 13:00~15:00 4組

対象:当院分娩よていの夫婦・カップル
完全予約制:外来にて予約ノートに自己記載

おっぱい教室

当院出産予定の妊婦さん対象です。産後すぐに始まる授乳ですが、授乳方法(母乳栄養。混合栄養・ミルク)色々あります。産後、自分の生活や想いに合わせて授乳スタイルを選択できるよう病棟助産師に相談してみませんか。お気軽にご参加ください。

※第1・3水曜日 13:00~13:30
※場所  3階西病棟 ディルーム 産婦人科外来ノートで予約
※対象  妊娠30週前後から出産まで(何回も参加可)
※持ち物 母子手帳

産後2週間健診

産後は2週間健診を予約制で行っています。退院後の赤ちゃんの体重増加のチェックや母乳栄養のお手伝いをさせていただいております。
退院前に病棟スタッフにお気軽にお尋ねください。

ショートステイ

退院のお迎えの調整ができない方や育児に対して不安を抱いている方を対象に、ショートステイが利用できます。
最大3泊まで可能です。詳細については病棟スタッフまでお気軽にお尋ねください。

平成21年5月からは助産師外来を新設して、妊産婦さんの多彩な要望にも応えられるようになりました。
患者さんの数が増えていることに伴い、外来待ち時間が長くなるなどご不便をお掛けすることもありますが、産婦人科医師不足に伴い、産婦人科医療が厳しい現状にあることをご理解いただければ幸いです。

【婦人科】

婦人科は、子宮筋腫や卵巣腫瘍などの良性腫瘍、子宮癌、卵巣癌などの悪性腫瘍の初期(ある程度進行している方は、札幌などの関連病院へ紹介させていただき、共同で治療に当たらせてもらっております)、付属器炎、頸管炎などの炎症性疾患、更年期障害、婦人科検診等々、一般的な婦人科疾患を診察しております。
ここ数年の手術件数としては、子宮筋腫等の子宮全摘術が年30~40件、子宮体癌、卵巣癌がそれぞれ年5件前後、子宮脱手術が年5件前後でほぼ変わっていませんが、円錐切除術(子宮頸癌初期の精密検査及び治療)が年20件程度であったのが、2018年には43件と急増しています。

近年、若年者の子宮頸癌が増えておりますので、機会がありましたら子宮がん検診の受診をお勧めいたします。

手術件数
  H29 H30     H29 H30
バルトリン腺嚢胞摘出術 2 2   腹腔鏡下膣式子宮全摘術 22 11
会陰裂傷縫合術 2 2   子宮悪性腫瘍手術 5 5
外陰膿瘍切開排膿術 1 0   子宮頚管閉鎖症手術 1 1
外陰血腫除去術 0 1   腹腔鏡下子宮内膜症手術 1 0
癒合陰唇形成手術 1 0   子宮附属器腫瘍摘出術(開腹) 27 31
試験開腹術 2 1   子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡下) 45 34
膣閉鎖術 2 1   卵管結紮術 11 11
膣壁形成術 1 0   子宮附属器悪性腫瘍手術 2 3
子宮内膜掻把術 8 4   子宮附属器癒着剥離術 1 3
子宮脱手術 1 1   帝王切開術   選択式 59 79
子宮頚管ポリープ切除術 0 2           救急 47 55
子宮内膜ポリープ切除術 0 2   子宮破裂手術 0 1
子宮頚部切除術 34 43   子宮頚管縫縮術 6 10
子宮筋腫摘出術(膣式) 3 0   子宮内容除去術 18 18
腹腔鏡下子宮筋腫摘出術 1 0   異所性妊娠手術(開腹) 0 3
子宮鏡下子宮筋腫摘出術 3 2          (腹腔鏡下) 2 2
子宮全摘術 42 33   合計 350 359